ヨシダの力

設計・機械加工・製缶溶接を三位一体として、高精度な 大型機械加工・製缶が得意な『ものづくり』工場

設計

ヨシダの力1AUTOCAD、SolidWorks等を用いた装置の概念・詳細設計やお客様からの提示図面を基にした製作設計を行います。
40年以上の設計・製作経験のある原子力発電分野および核燃料サイクル分野に加えて、最近は原子力以外の新エネルギー分野(核融合、リニア、再生可能エネルギー等)や医療、薬品、化粧品分野の製作も手がけています。

機械加工

ヨシダの力2第一工場は5tクレーンのため機械加工の重量制限がありました。これを解決するために新設した第二工場は、機械加工建屋に30tクレーンを設置、クレーン楊程を12mとすることで、より大型の機械加工に対応できるようになりました。特に、大型の門型マシニングセンター(五面加工機)2台、横中ぐりフライス盤2台、大型の立旋盤を主力として、その他各種のマシニングセンターおよび旋盤を保有していることで、お客さまからのどんな要望にも応えられるようになっています。

製缶溶接

ヨシダの力2原子力製品の製作で培った品質保証とTIG溶接技術を使って、水分、酸素が無いグローブボックス(アイソレータ)や大型のステンレス製缶品を得意としています。製缶溶接建屋も、機械加工と同様30tクレーン、クレーン楊程を12mとすることで、製缶品の部品加工を隣の機械加工建屋で製作し、また、製缶溶接した後の最終仕上げの機械加工までを弊社内で完結できるようになりました。これにより、大型の製缶品についても納期短縮とコスト低減が可能となりました。